26日、オカリナ~モ桑名、通常レッスン(補助)と、ボラ演サポート

今日は一日桑名ディでした。
【オカリナ~モ桑名】@社会福祉会館
◇前半(初心者)=9:00~10:30、8名+見学2名
A-1~10
 グループレッスンでは、合奏形態が基本なので、個人レッスンとは違う、合奏形態としての約束事がたくさん出てきます。慣れないうちはあれもこれもあるように思われるかもしれませんが、音楽ではたくさんのことを同時にこなします。難しく考える必要はありません。続けていればいつの間にか身についていることに気付かれるでしょう。
◇後半=10:30~12:00、9名+見学1名
午後の曲=冬景色、ペチカ、学生時代、日本昔話、にんげんっていいな、少年時代、北の国から、ふるさと
 吹きすぎに対してはかなり慎重に注意できていますが、あまり神経質に気にしすぎてもいけません。丁度良い加減が難しいところだと思います。特に高いレ・ミなどの高音域は音孔がしっかり開いて、見た目にも開放的な音になると、音楽的表現としてもより良くなることでしょう。
◇ヨナハ総合病院ボランティア演奏
14:00~15:00、9名
冬景色、ペチカ、学生時代、日本昔話、にんげんっていいな、少年時代、北の国から、ふるさと
遠くへ行きたい(講師演奏)
 伴奏音源が一部違ってしまったのは私のミスです。すみません。
 さて、今回は、初めての場所で、しかも病院。どんな演奏を心がけたらよいか、私も迷って、しゃべりも戸惑いがちでしたが、皆さんのひた向きな演奏は伝わったと思います。細かいことを言えば、間違いもあったでしょうが、どれだけ間違ったかを気にするよりは、どれだけ伝えられるか、をこれからも目指しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする